1999-01-01から1年間の記事一覧

国家と国民――重要法案成立の夏を問う

*1 ● 日の丸・君が代(国旗国歌) 法案、「盗聴」(通信傍受) 法案とたて続けに「国家」 の力を強めるような法律が制定された、と言われます。新聞や雑誌などでも、国家主義 の時代、あるいは、全体主義 の復活、といった論調が見られますし、あの暗い時代への…

JDD、オリオンザサンクスの逃げ切り劇

「腕がパンパンになっちゃいました」 レース後、テレビのインタヴューに応えてこう言ったのは早田の秀ちゃん。いかにも鼻っ柱の強そうな、アナウンサーの無味乾燥な問いかけにせっかちに応じる姿が、いまどきの中央の若いノリヤクにはあまり見られなくなった…

メイセイオペラ、帝王賞

www.youtube.com うひゃひゃひゃひゃ、強え強え。 メイセイオペラであります。帝王賞であります。指定交流重賞GⅠであります。大井のダート10ハロンであります。過酷であります。でもってあなた、それを直線ひとしごきで四馬身からぶっちぎったのは正真正…

書評・中村とうよう『雑音だらけのラヴソング』(ミュージック・マガジン社)

雑音だらけのラヴソング (とうようズコレクション)作者:中村 とうようミュージックマガジンAmazon 音楽を語る、論ずる、という作法が衰退して久しい。 音楽だけじゃない。映画やマンガ、いやいや、見たり聞いたり読んだりしたら何か能書きを言いたくなる表現…

カズ、がいるよ

サッカー、強いなあ。 いや、そりゃオリンピック予選だってことは知ってますよ。それも相手はフィリピンだのネパールだの、いくらなんでも日本にとっちゃ全くの格下だってことも十分承知してますよ。まとめて十三点とろうが、Jリーグじゃ控えのアンちゃんが…

「国産車」の底上げを

*1 中央競馬の売り上げがじりじりと下がってきています。 あまり表立って報道されていないようですが、高度成長期このかた、右肩あがりに増え続け今や年間四兆円を誇っていた世界一の売り上げが、今年になって初めてこれまでにないくらいの幅で落ちている。…

メイショウモトナリ、かきつばた記念・スノーエンデバー、群馬記念

www.youtube.com このゴールデンウィーク、西へ東へ、地方競馬のハシゴをして暮らしました。 まずは五月四日。名古屋の第一回かきつばた記念。今年から新設された指定交流重賞のGⅢです。距離は一,四〇〇メートル。出走頭数は十頭。中央からはマチカネワラ…

ナリタホマレ、オグリキャップ記念

表彰式、ごついカメラをぶらさげた下ぶくれの競馬おたくや、中央ばりに「ユタカ」コールを絶叫する傍若無人の若い衆、はたまた「おまえが来ると(配当が)安くなるからもう来んでええぞっ」とヤジる一杯機嫌のオヤジなどが雑然とたむろする正面スタンド前、…