米軍基地の意味

沖縄の米兵による少女暴行事件に端を発して、基地縮小問題や「象のオリ」問題、さらには今回の横田基地の騒音訴訟に至るまで、昨年末あたりからずっと「基地」がニュースの焦点になってきている。 ただ、そこには単に「基地」というだけでなく「米軍」という要素が重なっている。つまり、問題になっているのが自衛隊の基地ではなく米軍基地である、ということの意味が大きいのだと思う。

かつて米軍は「強い大人」だった。その「強い」には、軍事力と共に経済力も含まれていた。カネも持っていれば腕っぷしも強いアメリカという「大人」に庇護されて暮らすのがわれわれの「戦後」だった。その後、カネだけは持てるようになったけれども、庇護されることに慣れてしまったわれわれは「軍事」についての確かな議論が自前でできない国民のままだ。

朝鮮半島で何かあれば米軍は間違いなく動く。いや、朝鮮だけではない。先日来の台湾をめぐる米中のかけひきを見ても、アメリカの東アジア戦略の一環に日本が組み込まれているのはいやになるほど明らかだ。なのに、そういう視点からの理解を助ける報道はなぜか影をひそめ、昨今の基地問題はそれこそゴミ処理場や原発などと同列の「迷惑なもの」をどうするか、としてしか理解されない。いかに冷戦構造が崩壊しても、そんな「国家」のかけひきのリアリズムまで報道がなくしちまっていいわけはない。

もちろん、横田の訴訟のような「静かな夜を取り戻す」といった主張は等身大の素朴なものだし、その限りで正当だと思う。かつては「基地のおかげで仕事につけている人もいるのだから」といったもう一方の等身大の論理もあったけれども、「豊かさ」はそのような論理を後退させた。その結果、それまで隠されていた「迷惑なもの」という基地の意味がむき出しになった。その現実に国の側はまだ対応できていない。この国の中に外国の軍隊の基地がある、そのことについて説得する論理も言葉も持てないままほったらかしにしているうちに事態が先に進んでしまって手に負えなくなっているのだ。

「日本に外国の基地はいりません」というのは共産党のスローガンだが、じゃあどうやってこの国の安全を保障するのさ、という問いを棚上げしたもの言いはもはや無責任であり卑怯でさえあると僕は思う。今求められているのは、米軍はダメで自衛隊ならいいのか、それとも「軍隊」は一切ダメなのか、といったことも含めた「軍事」にまつわる議論をまさに世論として自前で行えるだけの前提を準備することのはずだ。「何も好きこのんで日本に駐留してるわけじゃねえや」という米兵たちの等身大だってあるはず、と僕は思う。