パソコン通信シスオペ 阿見寛さん(仮名) 前編

 今度はパソコン通信のサブ・シスオペをやってる人と会ってみましょう、と担当のO氏。パソコン通信はいいけどその“しすおぺ”って何やねん、と尋ねると、フォーラムを運営するシステムオペレーターです、と馬鹿にされた。つまり、サークルの運営係というか座長みたいなものらしい。サブだから副座長か。ともあれ、匿名で顔も出さないのならば、という条件で、ニフティサーブ上で何年も活躍しているという某氏の話を聞いた。

――パソコン通信に関わるようになって何年くらい?

某氏 五年くらいですね。最初は友だちに「だまされたと思ってやってみろ」と言われてやってみたら面白かったんですよ。パソコンもそれまで使っていたワープロが古くなったんでワープロのつもりで買ったんですが、自分で機材を揃えてフォーラムに加わるようになった。スタッフに誘われるよりも前に書き込みを頻繁にするアクティブとして認められるのは早かったですね。

――その「面白い」というあたりをもう少し具体的に。

某氏 キーボードで話ができる、というのがまず面白かった。人と話をする時に普段のわれわれは表情や身振りやいろんな情報も含めて判断してますよね。そういうのが全くなくて針の穴をのぞくみたいなところが面白かったですね。そうした制限のある方が相手の人となりが見えるような気がしたんですよ。

――話の内容でなく人となりが、ですか?

某氏 そうですね。

――それって、たとえば長電話とは違うものですか?

某氏 違います。知らない人と長電話することはまずないですよね。それに電話はもう話がつまんないからと言って勝手に切れませんよね。それをやったらまず社会人として失格じゃないですか。パソコン通信だと礼儀作法がうるさくない分それができるから確かにその分気楽なんですが、でも、気楽にできるからかえってその人がどの程度人と話したいのか、どういう話をしたいのかがモロにわかるところがあるんです。個人の情報を知らない方がその人のことがよく見えるってことがあるんですよ。

――そういう人となりを判断する素材ってのは画面の文章だけですよね。

某氏 そうですね。基本的には画面上の文字を読んで判断します。

――大学のサークルでのおしゃべりとも違う?

某氏 違います(笑)。まず年齢がバラバラ。それに内容が大学生レベルとは違うんです。単純な話、あるテーマについての知識量がケタ違いなんです。

――コメントを書き込む会員の立場からフォーラムの運営を手がけるようになって何かわかったことはありますか。某氏 まず、人に注意をするのがこんなにもイヤなことか、と(笑)。発言に対して返事をしたりコメントしたいするのは、やる方もやられる方もうれしいんですよ。でも、それを読んでる人が楽しいかどうかは別ですよね。一対一でやりとりしてるんですけど、それは言わば街頭で話をしているわけですから、道行く人にも振り向いてもらいたいという意識がどこかにあるはずなんですよ。また、そういう「見せる」意識を持ってる者たちでやる通信が理想なんだと思うんですよ。

――それはよくわかる。プロレスみたいなもんだな。

某氏 そうです。でも、得てしてそういうことって忘れがちなんです。寄席で客の反応見ながら話すわけじゃないですから。反応は眼に見えないわけですから、自分でどこかで推測しながら話をしなけりゃならない。そのあたりのことを注意して運営してゆくのがとても難しいんですよ。

――つまり、フォーラムによって客スジというか場の雰囲気みたいなものがあって、会員はそれをフィードバックしながら書き込む表現やそこににじみ出す自意識のありようをある程度コントロールしなきゃいけない、と。

某氏 そう。でも、場に合わせることは大事だけど、おもねるとそういう文章はすぐバレます。たとえばパソコン初心者がフリートークで「うちの通信ソフト調子悪いんですよ、何がいけないんですかね」みたいな質問をよくしてくるんです。そんなのは基本的な質問だから答えてあげたら「なるほどそうですか。ところで」ときてまた別の質問が延々続く。その「ところで」を見た時点で、あ、この人の魂胆はただ相手の興味をつなぎとめておきたいだけなんだな、とバレちゃうんですよ。

――はあ、つまりかまって欲しいだけなんだ。

某氏 そう。よく言う「かまってちゃん」ですね(笑)。

――そういう場合、どう対処します?

某氏 一番いいのはシカトするんです。

――それって村八分ですよね。

某氏 かも知れません。事実、そういう対応にショックを受けてやめていかれる方は多いです。でも、村八分ってのは全員でやらないと効果がないんです。そんな人でもつきあう人がいるから、逆にあきれてこんなフォーラムとはもうつきあえないと消えてしまう人もいますしね。

 何やらものすごく面白い話になってきた。あんまり面白いのでこの続きはさらに次号で。