太田光、のスカ

 芸能人やタレント、歌手、スポーツ選手……何でもいいのですが、そういう稼業の人たちが、何か政治的な発言をしようとする、という局面があります。当人が望んでやっている場合もあれば、周囲が商売として、営業としてやらせている、という場合もあるでしょう。 宗教と政治についてはうかつにものを言わない、というのが商売人の世渡りの知恵なわけで、その意味で彼ら芸能人なども基本的にそのへんは心得ているはず。その意味で、後者はともかく、問題は前者です。
 芸能人だって国民であり有権者である、その限りで政治的意見も当然あり得る、それはそうなのですが、しかし、芸人という立場からの発言を求められる以上、そこに必ず「芸」としての何かが介在してないことには職分に対する裏切りなわけで、普通の国民でございとばかりに単にそこらのシロウトと同じでいいわけがありません。
 古くは立川談志コロムビアトップなどが「タレント議員」として国会に参戦した。きわもの、色物と言われながらも、しかし彼らの頃にはまだ、議員もまた芸のうち、発言にしても芸人なら芸人という枠内にとどまっていたように思います。それがある意味本職っぽくなってきたのは、西川きよし横山ノックあたりからでしょうか。タレント議員だから、という斟酌がよくも悪くもされなくなる、その程度に垣根がなくなってきたのかも知れません。
 たとえば、爆笑問題太田光が最近、とみにそういううっとうしさを増してきています。芸人として、でなく、スッピンの太田光として何かもの申そうとしている、その気配が、なんだかなあ、なのです。ビートたけしなどは絶対にそういう気配を見せない。すでに堂々たる政治番組と化している『TVタックル』でもあくまでも傍観者、スッピンの自分でものを言うことはまずない。たけしの小心さゆえ、と見る向きもありますが、同時にそれはまた、芸人としての分を心得ている、というところもあるのではないでしょうか。