松本竜介=チャボ、逝く(草稿)

松本竜介が逝った。享年四九歳。脳溢血で倒れて一週間ほど。いまのお笑いブームではない、かつてのMANZAIブームの頃の紳助・竜介のはじけ方を同時代で知っている者にとっては、やはりある種の感慨がある。
漫才コンビ紳・竜の当時の姿は、逝去を機にいろいろ放映されるだろう。だが、芸人松本竜介の本領を垣間見るには、映画『ガキ帝国』(八一年)がベスト。「在日」を等身大で描こうとした、当時としては型破りのフィルム。最近は単なる辛口コメンテーター化、粗雑な半島シンパ丸出しになっている井筒和幸監督の、おそらく映画人として最もいい仕事をしていた頃の一本だ。ラスト近く、最後の大喧嘩に臨んで、「おれ、ほんまな、歌手になりたかってん、若いオンナのコにキャーキャー言われてうまいもん食うて……」と言いつつ、ザ・タイガースの「僕のマリー」をそっと歌い、でも、ふと照れて「……金魚のフンでも歌手ぐらいなれるやろ」とつぶやくシーンがいい。レンタルショップで見かけたら、ぜひ一度ご覧あれ。竜介追悼の意味でも。
横山やすし以降、破滅型の関西芸人を地でいった最後のひとり、ということになるのかも知れない。現に相方の紳助自体、その後の世渡りを見ていると、そういうなつかしい芸人のありようからすでにはるか遠い。彼らを売り出した吉本興行もいまや単なるお笑いを超えて、民放メディアを牛耳るまでになった。しかし、竜介は……そう言えば、『ガキ帝国』でも竜介演じるチャボは、その後、袋叩きで殺される役回り。映画でも紳助は生き残っていた。