昨日からようやく夏、という感じになった由。昼間は今日など30℃くらい。それでも、湿気が内地に比べて低いのでしのぐのは楽。にも関わらず、地元の人たちにとっては「蒸し暑い」のだそうで。
 前期も最終週で、研究室の整理なども少しやらないと、というわけでゴソゴソ。特補の予算で機材を買い込む算段を具体的にしないといけない時期でもあり。

■映像機器

Panasonic AG-DVX100B ……DVカム  
¥346,000  ツクモ

Panasonic AG-LW7208G ……ワイコン
¥42,700  ツクモ

Panasonic VW-VBD55 ……バッテリー
¥18,400×2=¥36,800  フジヤAVIC

RODE NT-4 ……ガンマイク(ステレオ)
¥34,800  ツクモ

NEP DVX100RAINCOVER ……レインカバー
¥18,900

Petrol PMH-2 ……遮光フード
¥4,000  フジヤAVIC

portabrace CS-DV4U ……カメラバッグ
¥37,000

Manfrotto 501/525PKIT ……三脚セット
¥67,000

NIKON super coolscan5000ED ……フィルムスキャナ
¥103,000 

 デンスケの修理出し、日本ファイリングへの書棚の発注相談、その他、やらねばならないことがこまごまと。撮りためた映像素材や録音素材を少しずつファイリングしてアーカイヴ化してゆくための環境を整えるのが第一義、ではあるのだが。

 古本屋と喫茶店、かつてならば雀荘、なども含めた「大学街」がもう成り立たなくなっているのはいまさら言うまでもないが、しかしその風景やそこに日々を過ごす気分までがきれいさっぱり忘れられているのは、いろんな意味で情けないような。

 札幌はいいコーヒーショップが案外多いのがうれしい。ご贔屓一番は宮越屋。有名だが、どこの店に入ってもはずれがないのはたいしたもの。桜珈琲煎房もニューカマーで評判だが、ちと気取りすぎなのが玉に瑕か。あと、ちと高い(^^ゞ 藻岩下の店はロケーションがウリで悪くはないのだが。

 紺パー助、見積もり100,000円の修理、やりとりしてみると、要は車速センサーの部分だけの修理だと20,000円くらいでおさまることが判明。なんだそれ。燃料ポンプだかキャブレターまわりだかのパーツが高いということらしいが、そのへんちゃんと説明して欲しいよなあ、三菱。仕方ない、先代の白パー助の分まできっちりメタルトップのショートを乗りつぶしてやろうと腹くくる。
 
 産経桑原氏から連絡。「断」にもう一度寄稿を、と。案の定、あまりにレベルがさがって読者にもあきれられたらしい。呉智英、潮匡之両氏と共に「復活」ですと。望むところではありますが。