「人」で滅びるニッポン競馬?

 おまえの語る競馬は偏っている――そんな意味のことを、たまに言われます。

 確かに、競馬まわりのことを専門分野のひとつにしていて、でもだからと言って世間一般、普通の人々がイメージする競馬とはずれたところの、ちいさな競馬の場所ばかり東に西に、ふらふら歩き回ってきたもので、そんな場所で馬のそばで生きている人たちの目線からでしか競馬というものを見られなくなってしまっている部分はある、それは認めます。

 たとえば、少し前までならともかく、いま現在のJRAの厩舎関係者がニッポンの競馬の現状をどう考えているのか、正直、よくわかりません。と言うか、知らない。見知っていることと言えば、地方のちいさな競馬との関わりの中で彼らがどのような手抜かりをうっかりとやってしまっているのか、調教師だ騎手だという以前、素朴にひとりの人間としてそれはどうよ、と思わざるを得ないような無礼、無神経なことを平然とやることがあるのか、そんなささやかな、でもどうしようもなく個別具体の事例が関の山。もちろん、地方競馬だとて「うまやもん」のこと、問題のある所業は山ほどあったし、今もある。その意味じゃ五十歩百歩、少なくとも大卒が多数派になり、厳しい試験をパスしたJRAの厩舎関係者の方がいまの時代にあった才能が多いのが当然じゃないか――そんな反論もよくされます。稼業の本質と関わりない「厳しさ」を試験で課すことの不条理や弊害に眼をつぶったとすれば、なるほど、ひとまずその通り、かも知れない。あたしがずっとなじんできたような「うまやもん」の肌ざわりは、いまのJRAの厩舎関係者、とりわけ若い世代からは、ちょっと行き合ったくらいではもう感じられなくなっています。「優秀」とは、そして「国際化」とは、そういうことを目指してのことなのならば、致し方ないことではあります。

 ただ、あたしがどうしようもなくひっかかるのは、JRAのそんな優秀な、そして稼業の環境としてはケタはずれに恵まれているはずの「うまやもん」たちがやらかしてしまうあれやこれやは、いまの地方競馬の厩舎がやらかすチョンボに比べて、何というか、あまりに愛嬌がない、シャレにならない印象が強い。言い方は悪いですが、「貧ゆえの盗み」といった情状酌量、おのが稼業で賢明に生きてゆくことの辛さ、といった部分を全部すっ飛ばした、もっと荒涼としたうそ寒いやりきれなさを感じるようなものだったりします。

 たとえば、血統その他、「書きもの」は超一流の高馬をデビュー前にこわしておいて、子どものノートの切れっ端のような紙切れに鉛筆の走り書きでその経緯も説明もなく事後の処置だけを列記したものひとつをつけて馬をいきなり牧場に送り返してきて詫びの電話一本もなく、その後もなしのつぶて、なのに、牧場側が手を尽くして何とか立て直して格好になった頃にいきなりやってきて「おう、よくなったな、じゃ明日積んでくれ」ですませて平気な顔。もちろん、裏で馬主には三拝九拝、いろいろケアはしているのかも知れませんが、少なくとも、いまの馬が枯渇し馬主も厩舎も疲弊して利害抜きの支え合いのようなことに半ばなっている地方競馬で、こんな傲岸不遜な「うまやもん」はまず見たことも聞いたこともありません。

 ニッポンの競馬は、おそらく「人」で滅びるんじゃないか――そんなことを少し前から、不本意ながら口にするようになっています。売り上げの低下はJRAとて同じこと、特にこのところの下がり方はまた顕著ですが、それでも、図体の大きい分、一気に転覆はしない。まだ大丈夫、と大方が思いながら、全身症状が少しずつ悪化してゆくのでしょう。糖尿病みたいなものです。でも、ちいさな競馬がこれまで売り上げ低下でつぶれていったのとは違い、これから先、JRA以下の、いまのところひとまず「勝ち組」と目されている比較的大きな競馬場にとっての、命取りになるような本質的な危機は、主催者も含めた現場を支える「人」の資質の低下によってもたらされるのではないか。そしてそれは、図体が大きいほど、一朝一夕に改善できるものではありません。

 3月末までの昨年度、地方競馬全体の売り上げは数字的には何とか下げ止まり、微増だったと報じられました。この経済状況で、しかも本質的な「改革」がまだまだ進まない現状でこの数字は、ひとつひとつのちいさな現場で腰を上げ始めた「人」たちが少しは出始めたことに支えられているはずです。先日ご紹介した高知の「ナイター」や、三連複も三連単も未導入のばんえい十勝がいきなり五重勝馬券の導入を決めたこと、その他、少しずつですが、自前で何とかしよう、という「人」が生まれ、その動きが結果を出し始めているらしい。

 JRAでは「廃業」調教師が目立ち始めました。理由はいろいろ言われていますが、ならば、競馬をめぐる環境がもっと悪くなった時、優秀な「うまやもん」たちは、さて、どれだけの人がいまの稼業に腹くくって開き直って死に物狂いで競馬を支えようとするのでしょうか。