「シナ」幻想の精算を

 シナに対してはなんとなく引け目が、というのが、いつしかわれらニッポン人に組み込まれている気分らしい。与党も野党も、官も民も、財界も労組も、シナに対しては腫れ物扱い、何かというと「友好」第一、ご無理ごもっともで平身低頭、パンダと国益を平気で引き換えにするような政治家から、一時期盛んにシナに工場建設、技術もノウハウもパクられて泣き寝入りの財界人まで、彼らエラい人たちの眼には特製の不思議フィルターが。さすがに世間も「なんでそこまで?」と不審に思い始めているのを尻目に、なお一向に了見を改める気配もなく、労働者も留学生もまだまだ増やすぞ、と意気軒昂。ああ、そうか、こういう無力感を「あの暗い戦前の再来」って呼ぶんでしたっけか。

 「戦後」を通じてわれらの価値観世界観に無意識のうちに埋め込まれているらしいこの「シナ」幻想。「シナ」「中国」から、時に「大陸」や「アジア」などまでひっくるめて、それら一連の単語自体にまつわってきていたあれこれの夢や思い込みの類を、ここらでいったん全部、精算しませんか? だって、今のシナ、眼前の中国は、もうかつてのシナじゃない。毛沢東も鄧小平も過去の人。ましてや、紅軍長征とその後の建国神話などすでに遠い昔。なにせあの文革は言わずもがな、近くは「一国二制度」のワヤを敢えてやっての成金バブルな経済成長、その道行きでさて、向こうさんがどれほどかつてと別ものになっているのか。真の日中友好はこの先、まずそこを冷静に確かめ、自省することから始まります