鬼女板最強伝説、再び

洞爺湖で乱交パーティーでもあるのか?
動物が集まってるらしいが。

フランス  サル
日本    チンパン
アメリカ  ゴリラ
先進国のクオリティ高すぎwww

 サミットなんぞこんなもの。あっさりひとことで片づけられ、それ以上一顧だにされぬが電網住民のリテラシーなるゆえん。支持率の低迷久しく、何をどうやっても人気のなさは覆うべくもなし。それでも日本の内閣総理大臣、しかも今回はG8のサミットのホスト国にして議長もあいつとめる役回り。もともと外務が本領、わが得意と自認、思い起こせば以前の小泉内閣田中真紀子外相をめぐるすったもんだの際には俄然独断専行、官僚に指図をしていたとかで「影の外務大臣」などと呼ばれた時期も。ならばこそ、ここは乾坤一擲、並み居る世界のVIPの眼前であっぱれひとさし舞ってみせて、遠のいている衆望を再びわが手もとに、と考えるのも人情。なるほど、洞爺湖のほとりで福ちゃん、彼としては異様なくらいにはしゃいではいた。腹の内は全く押し隠して愛想振りまいて見せるのも政治のうちと芸が板についた諸外国首脳、はしゃぐ民草に投げキッスまでやってのけるのはさすがに本家欧米の選良の前では、グラスをチンチンと叩いて付け焼き刃の国際マナーも、何やってんだか、という顔をされるが関の山。鹿鳴館以来、身ふたつ折れになる黄色人種、サル真似の恥ずかしさは確かにわが日の本の政治家の伝統芸。
 かくて、そんな福田内閣の政策態度は、人呼んで「全方位土下座外交」。電網世論はさすがに的確である。

売国奴チンパンジーの全方位土下座記録
(アメ方面)だけで
思いやり予算 約2000億円(累計約3兆円)
国連分担金 約3億ドル(約300億円)
米軍グアム移転費用 約7100億円
米国債保有額 約40兆ドル?
インド洋自衛隊後方支援 → 無料給油所
(国内)
道路特定財源 59兆円(今後10年間)
タクシー代 26億円(国交省)、4億8000万円(財務省
地デジ対策費 2000億円
公務員改革 → 知りません フフン
特別会計(約2〜300兆円)見直し → 知りません フフン
社保庁 → ほぼ再雇用 フフン
反日中国人、韓国人など移民1000万人受け入れ(予定)
消費税・たばこ税・外為取引課税・他 増税(予定)
日本人の社会保障費 2200億円 圧縮
日本人の教育費削減 5600億円
日本人の派遣制度は維持

自重しろ福田。
日本の不利な環境問題とかに邁進するな。
元々エコでやってきたから、日本はこれ以上の削減とかは無理なんだ。
他の国から削減量を買ったり、技術提供で削減量を貰うしかないんだ。
そんな不利な土俵にわざわざ自分からネギと鍋せおって進軍するな。

 どこか微妙に誇らしげな感じも含みつつテロを深刻に警戒、人手が足りないからと北辺の地に日本全国から機動隊員をかき集め、ありがたや、サミット特需で時ならぬボーナス支給と勇み立つその警備陣だけがやたら目立ち、一応、エコだ地球環境だとかけ声だけはかかっていても、終わってみれば、はて、結局何がしたかったのか、何が決まったのかも皆目わからぬような顛末のから騒ぎでは、念願の支持率復活などとてもできず、宴の後も相変わらずのグダグダのまま夏休みに突入。ガソリンは高騰、穀物も値上がりを続け、前世紀このかたよたつきながらも何とかやりすごしてきた世界経済そのものが、いまや大きな曲がり角にきている予感はバカでも感じるはずなのだが、われらが内閣、政府与党のこの無策無関心、無感覚ぶりはある意味、賞賛に値するかも。

安倍は急にがんばりだしたな。 充電が終わったのか?
マスコミに対する復讐の鬼になって戻ってきたら、ドラマチックでおもしろいな。

おれのオヤジは国家公務員だが、今でも自民党しか政権担当はできないとか言ってる。
多分死ぬまで変わらないだろう。散々優遇されてきて洗脳されている。
ちなみにおれは生まれてこの方、自民党に入れた事は一度もないし (笑)


●●
 新聞は信用できる、という都市伝説がある。そう、都市伝説、根も葉もないうわさであるにも関わらず、どこかもっともらしいから誰もがそういうこともあるかも知れないと思ってしまう、そんなヨタ話。
 そのヨタ話がやはりヨタ話に過ぎないことを、なんと毎日新聞社が身をもって証明してくれた。野暮と言えば野暮、KYと言えばこの上なくKYだけれども、しかし何と言っても当事者中の当事者である大手日刊紙の一角、世を憂える啓蒙活動の志いきおいあまっての所業かも知れぬとは思うものの、その捨て身の一撃のもたらした衝撃は、決して馬鹿にできない波紋を静かに生みつつある。

毎日新聞社は英文サイト「毎日デイリーニューズ」(Mainichi Daily News)上のコーナー「WaiWai」で、「日本の女子高生はファーストフードで性的狂乱状態」など低俗な記事を長年にわたって配信し、ネット上で批判の声が上がっていた。同社は6月23日、同コーナーを中止・削除し、監督責任者や担当者らを処分すると発表したが、25日の株主総会で、それまでの常務デジタルメディア担当が社長に、同デジタルメディア局長も取締役に昇格する人事を可決・承認(27日に役員報酬の一部返上を発表)。これがネット上の炎上に油を注ぐ格好となり、毎日新聞社のほか、毎日新聞および毎日jpに広告を載せている大口の広告主へも抗議、問い合わせが電話やメールで寄せられることとなった。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080708/310423/

朝日珊瑚捏造事件の処分
実行犯…懲戒解雇
編集局長…更迭
写真部長…更迭
社長…辞任

毎日変態捏造事件の処分
実行犯…休職3ヶ月
デジタルメディア局次長…デジタルメディア局長就任(役職停止2ヶ月)
デジタルメディア局長…取締役デジタルメディア担当就任(役員報酬1ヶ月分のみ20%返上)
常務デジタルメディア担当…社長就任(役員報酬1ヶ月分のみ10%返上)

まさか朝日が少しでもまともに見える時がくるとは夢にも思わなかったよ。

 要するに、毎日新聞がご多分にもれず、最近流行りの電網展開の一環としてやっていた「waiwai」という英語発信サイトで、実はもう何年にもわたってとんでもない内容の記事が垂れ流されていたことがにわかに発覚、どうやらそれは担当記者の豪州人のしわざらしい、ということが判明して例によっての「祭り」に、というのが初動の顛末。
 その中身というのが、国内のさまざまな雑誌、少なくともゴシップから下半身情報まで何でもありなひと山いくらの通俗活字メディアからおもしろげな記事を勝手に抜き出し、ガイジン流のフィルターもたっぷりかけて誇張潤色改竄切り貼りしまくって、リアルな現代日本紹介としておもしろおかしく発信していた様子。くだらぬこと、俗悪ネタには必ず反応するのは洋の東西を問わぬ人の本性、しかも一応は全国紙である「毎日新聞」の看板がくっついていたからそれなりにもっともらしさが付随して、海外でも結構な人気サイトになっていたらしいから余計に困ったことに。またも、知らぬは同胞ばかりなり。

★★★★★★毎日新聞社による日本人への誹謗中傷★★★★★★
・母親は受験勉強をする息子の学力向上のためにフェラチオをする
・日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る
・ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる
ティーンたちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
・女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる
・日本の最新の流行 : 70歳の売春婦
・老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
・日本の若い看護婦は売春婦に勝る
・24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
・15未満の子供を対象とした疑似ポルノが日本に蔓延している
・OLの72%が、セックスをより堪能するために何らかのトレーニングを受けている
・人妻は気分転換の目的で昔の恋人に抱かれに行く
・主婦は郊外のコイン・シャワーで売春をしている
・日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
・ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている
・まだ10代の少年から退職した老人までみんな2980円の手コキを利用している
・六本木のあるレストランでは、食事の前にその材料となる動物と獣姦する

※同社が全年齢向けコーナーで七年以上にわたり世界に向けて配信していたものの一部です
※同社の行為は日本人への偏見や人種差別、婦女暴行、幼児虐待を助長するものです

毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki
 http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/
毎日新聞問題の情報集積wiki
 http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/

 この「ライアン・コネル」って記者、昔、北海道で活動していた反日運動家?
これは、本当なんですか? 北海道といえばニセコのオージー。ペンション村は半分乗っ取られた感じ。
今は長野のスキー場にも飛び火。 この現象と関係アリ?

日本の英字新聞には、外国人のアドバイザーみたいなのがいて、そいつらが英語をチェックするんだけど、記事の中身を勝手に書き換えたりするんだってさ。 歴史学者秦郁彦氏が、ASAHI evening newsに頼まれて、従軍慰安婦問題に関する記事を書いたら、“comfort girl”を“sex slave”と書き換えられた。抗議したらその英字新聞のアドバイザーであるカナダ人女性の仕業だとわかった。

※『現代史の対決』(秦郁彦文藝春秋)参照
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/61927/

 電網戦線、特に恒例「某巨大掲示板」での策動地はまたも通称「鬼女板」だった。正しくは「既婚女性板」だが、無法地帯と言われるその掲示板世界でも特に人外魔境としておそれられている一角。電網発の各種運動、ムーヴメントの類などまずほとんどはかけ声倒れ、この指止まれと青筋立てて人を募ってもまず誰も腰を上げず、間違って集まってくるのは眼のうつろな連中や何かに簡単に騙されるような精神の純朴な方々なのが通例だが、この「鬼女」(「きじょ」と発音するらし)たちの界隈はちょっと別。通りいっぺんの社会正義や聞いた風なスローガンなどは鼻でせせら笑って、しかし何かのはずみでツボにはまるとあなどれない行動力を発揮するのはすでに知られている。

アメリカの投資ファンドが売り浴びせやった時に、なぜか持ちこたえた銘柄がいくつかあったんだよw
その銘柄を買い支えやってたのが日本の主婦層。鬼女とよばれる連中がメーリングリスト掲示板で情報網持って、自分たちが好きな企業を買いまくってた。結局、勝ったんだぞw  ハイエナファンドが初めて一般民衆に負けた瞬間。アメリカじゃ凄い話題になったw
 アメリカのハイエナ企業、投資ファンドに「口コミの組織力」で勝ったことのある、世界最強の軍団なんだぞw  シロアリみたいなもんだ。 英字新聞読んだり海外のサイトまわって情報集めたりもしてるから、今回のこういった記事にも反応したんだろ。毎日新聞はそのアリ塚を土足でけっ飛ばしたんだよ。

バリバリのOLをやったあとで家庭に入ったような“高学歴の専業主婦”が多く、 頭は切れるし時間の余裕はある。
(・∀・)イイ!!

 今回も、まとめサイトをサクッと立ち上げ、世間にこの一件をアピールするためのチラシの雛型を製作、誰もが自由に使えるように電網上に公開し、実際地道にまわりに布教活動もしていった模様。何より、「電凸」と称する電話による抗議、問い合わせの草の根戦線が思わぬ広がりを見せていったようで、このあたりは昨今の電網環境にかろうじて宿り得ることもある「正義」のあるかたち。これをどう評価するか、もまた、まさに個々のリテラシーの水準に関わってくる問題。以下はどうぞ、各自ご随意に。

既女板では、
デモ、署名、団体を名乗る、うっかりのシャメのうp、目標を設定する、潰すと宣言する。
以上のことは非推奨です。もちろん推奨しないだけで個人が勝手にやるのはおkです。
デモ、署名、団体を名乗ることは今回はデメリットが多いのです。
毎日新聞と戦う場合、団体対団体であたれば、もちろん後ろ盾の無い小さな団体の方が負けます。 また、リーダーを設定すればリーダーがねらい打ちされることもあります。 署名やシャメからは、個人情報が漏れて個人を攻撃される場合もあるので、シャメはパソコンで表示した後、スクショを撮って下さい、そうすれば個人情報は消えます。 目標を設定するということは、個を団体にまとめ、妥協を引き出すためのものです。 現在の電凸、不買、ビラ配りはいわばゲリラ的レジスタンスであり、 敵から見えない、予測できない、どこまで戦えばいいのかわからない、ことが最大の強みです。 我々は、情報を共有した独立した個の集合体です。 中心点を作らないことで生まれる強さというものもあります。 匿名性が失われると格好の標的になってしまうので国民の全てに今回の件が周知徹底されるまで、粛々とうっかりし続けて下さい。 また、潰すと宣言することは毎日新聞名誉毀損・威力業務妨害で法的措置をとると言ってるので 彼らに格好の反撃材料を与えてしまうことになります。お気を付け下さい。

「今までの戦歴」
・スポンサー抗議により毎日新聞のサイトにある広告が毎日自社広告だらけに。
・鬼女達の活動により回覧板、公民館、学校でチラシが設置されることに。
・鬼女達の活動により、米軍基地に毎日記事への注意喚起と政治家からの毎日抗議がされることに。・病院関係者の活動により、変態新聞のスポンサーを止めない大塚製薬の医薬品契約を解除(1病院につき200万以上ダメージ) 。
・オカルト板の活動により、勢いが冷めるといわれる土日に関東に豪雨を降らし、祭りの人は減らず、さらにヒートアップ 。
・検索君を使った活動により、各検索サイトで毎日、新聞、変態、悪行などのキーワード検索で毎日変態問題がトップへ上昇中。
・鬼女達の活動によりいたるところにチラシが。
……その他、漏れあれば訂正してちょ♪

鬼女たちの抗議行動wwww
◎2008年7月21日12時43分0秒のライブログ - Stickam
http://www.stickam.jp/video/178294692