市場経済の学び方

中国の天安門広場に掲げられていた毛沢東肖像画の原画が、オークションにかけられるというので、彼の国ではちょっとした議論になっているという。

所有しているのは海外在住の中国人だとか。たまたま、衛星放送でやっていた香港の討論番組でこの問題が取り上げられていて、賛成派と反対派がまっぷたつに分かれて盛んに議論をやっていたのが、ちょっとおもしろかった。

毛沢東という国民的英雄をオークションにかけるなんて、という立場もあれば、お札と同じで絵だから構わない、という意見。肖像画は複製だが原画にはアウラがあるから芸術的価値がある、いや、故宮の芸術品と肖像画の原画は違う、といったやりとりは、ベンヤミンばりの複製技術時代の芸術とは、という問いそのままだった。とは言え、親の肖像画をカネに代えるのか、心のよすがの価値はおカネでは測れない、といった素朴な意見が結構多かったのが興味深かった。。

市場経済の現実に対してどうなじんでゆくのか、というのは、中国に限らず、日本だって近代このかた経験してきた歴史的過程である。「自由」といい「民主主義」といい、いずれ市場経済の浸透と無関係には存在できない。資本主義の是非とそれはまた別の真実でもある。ならばさて、そのことを彼の国の国民は、これからどのように思い知ってゆくのだろうか。