ひまわりバッジが泣きます

 恥ずかしながら法学部卒、である。六法全書も持っていた。だが、胸張れるほどの勉強は申し訳ない、全くしていない。法曹方面に進むなど夢のまた夢、考えたことすらない。

 だが、そんななんちゃって法学士のあたしでも、おい、弁護士って一体なんなのよ、と言いたくなる御仁がいる。テレビでチャラチャラしている手合い? 違う。いまどきのご時世、あれもまた営業の一環、もの書きが講演料吊り上げる方便でコメンテーター業に邁進するのと同じこと。まして芸能プロに属する弁護士芸人輩、見逃していい。

 それどころじゃないトンデモ弁護士が白昼堂々、跋扈している。他でもない、かの衆議院議員にして社民党党首の福島瑞穂センセである。民事が専門だったそうだが、国会でのやりとりを聞いていても、この人、本当に弁護士なのか、と耳を疑うこともしばしば。今回の「従軍慰安婦」問題でも面目躍如。珍しく首相も閣僚も毅然とした対応をしているのに、未だに「証言者がいるんだから事実なんですう」の一点張りとは。こういう弁護士にとって「証拠」とはそもそもどういうものか、いや、考えるだに空恐ろしい。思えば、そもそもテレビと提携、元「従軍慰安婦」を「発見」し、海外まで持ち回って煽った張本人のひとり。引っ込みがつかないのはわからぬでもないが、このままだと弁護士業界に対する永久自爆テロ。ひまわりバッジが泣く、ってもんです。