ヴィジランティ、二着

 ヴィジランティ、荒尾2R、アラブB-2B組 1,300メートル戦に出走。

http://www2.keiba.go.jp/keibaWeb/PageFlows/DebaTable/DebaTableController.jpf?k_babaCode=33&k_raceNo=2&k_raceDate=2007%2F08%2F11

 前開催、一回休んでいたので気になってたんですが、F師から特に連絡もなかったので、特に大事ではないな、とは思ってはいた。律儀に電話があったので事情を尋ねてみたところ、脚もとにちみっと熱をもったから、だそうで。「続けて使っても使えんことはなかったんですが、まあ、若馬だし大事をとって」、とのこと。「おかげで馬はグンとようなって、今回は楽しみです」という、うれしいコメントでした(^^ゞ

 あのガタイで荒尾は連日35℃の猛暑、「吹いて(夏バテ)ませんか?」と懸念したのですが、それは大丈夫な由。競馬使い出して疲れもたまってる頃だったんで、ちょうどいい休養でした、とも。大事にしてもらってるのがありありで、うれしい限り。福山のろくでなしうまやもん連も、「あれやったら近々、もう一発はあるじゃろ」と言うてくれてるそうで。

 馬体重10?減の507?。ハナ切った隣の一号馬をラクに追走、出っ端がいいのが安定してきたのは何より収穫。道中も二番手をまわり、向こう正面から三角手前で鞍上西村騎手、見せムチで何度か気合いを入れているのは例によって腰甘で一気の加速がきかないからか。それでもズルズル下がることもなく、四角から直線入り口でも二番手にしがみついている。逃げた馬が明らかに楽逃げ態勢だったのは仕方ないものの、ヴィジ公、たよりない腰で少し差を詰めにかかったりで二着入線。まあ、及第点ではあるような。

 夕方、F師から電話。「暑いのによう頑張ってくれましたあ」と。「ここにきてだいぶ競馬ウマらしくなってきました」とも。いくらか夏バテはしてて当然なのだろうが、体調は問題ない、と太鼓判。夏過ぎあたりには本格化して……くれたらとてもうれしいのだが。

 ナイスフリートは、笠松3日目(15日)の5R、1,400メートル戦。問題のソリダリティは、福山2日目(14日)の最終10R、B2特別でまた同じようなメンツと……・゚・(つД`)・゚・ やっぱり高知行き、なんでしょうかねえ……